S13の亡霊につぶされたシルビア/R32の亡霊を振り払ったスカイライン

中秋の名月。。。

秋の夜長ですなぁ~

なんじゃぁ? このブログ題名も 長いし、、、

( 本文も長いので 御覚悟を・・・ ガハハ。 )


***


今宵は、私なりに思う 日産のスペシャリティ、、、

シルビア、スカイライン 物語について

勝手に書こうと思います。

私が初めて 自分の車として所有した 

  シルビア S13Q'S

私が離婚したあと 今一番大事なパートナーである

  スカイライン CPV35

どちらも、 私にとっては 愛着のある車種なのです。。。

車に詳しい 皆さんから比べれば、

車にド素人の おこちゃまの私が 書くことなので、

わざわざ 読む程の価値のあることは 書けませんし、

それぞれの型式の オーナーの方、

素人のたわごと と思って、

鼻で笑ってやってください。。。


***


1965年 初代が発売されてから、7代目のS15、、、

絶滅した、、、 迷車 シルビア

1957年 初代が発売されてから、12代目のV36、、、

進化し続ける、、、 名車 スカイライン

いつかのコメントにも 書いたような 気がしますが、

両車、どことなく似ていると思うのは 私だけでしょうか?

さて、さて、

どこが似ている???

絶滅と進化、何が運命を 分けた???


***


<共に爆発的人気となった、S13、R32>

画像

画像

まず、私が20代初期の頃、

究極のデートカーS13 と

GTRと共に復活した走りのR32

爆発的なヒットと なりました。

あまりにも売れすぎ、人気ありすぎのため、

生産終了後も 人気は不滅、、、

まさに、S13とR32の亡霊を 生み出してしまったのです。

今でも、人気が高いのは 皆さん御承知のとおり。。。


***


<あまいマスクの失敗>

画像

画像

時代は流れ、人気は不滅であるものの、

余儀なく モデルチェンジとなります。

先代が あまりにもだったため、

両車、あれ?って感じの、

あまい マイルドな マスク&スタイル に

なってしまったと 思いません???

人気はイマイチ?

先代の あの頃の人気が、亡霊となって、襲いかかります。。。


***


<亡霊を振り払うように、鬼瓦顔へ>

画像

画像

シルビアは マイナーチェンジで S14後期型へ

スカイラインは フルモデルチェンジで R34へ

それぞれ進化します。

あまいマスクの 先代とは違った

まったくの 方向転換の 鬼瓦顔へ。

どうして こんな、怒り顔?

まさに、人気復活を目指した、悪あがきか、、、

あの、亡霊を振り払おうと しているとしか、

私は思えません。。。

でも、私は R34GT-R は

ホントにカッコいいと 思いますよ。

画像

惚れ惚れしますね。。。


***


<運命の分かれ道>

さて、両車、亡霊に取り付かれたまま、

苦悩の日々が続きます。。。

ここで、運命の分かれ道、、、なのです。

まず、迷車シルビア。

画像

亡霊に取り付かれたまま、S15へと進化します。

ところが、このS15、、、

そこそこ カッコはいいと 思うのですが、

どこか無理が あるんですよね・・・

そう、亡霊に追いつこうとして、

無理が出ているのです。

どこが?

そう、このテールランプのデザイン。。。

画像

なんだぁ? この品のないデザインは?

マスクは そこそこイケメンなんですが、

このケツじゃ、人気は出ません。。。

ここで、迷車シルビア、、、

ついに 絶滅の運命となるのです。。。

そう、あの亡霊につぶされてしまったのです。

一方、名車スカイライン。

画像

かつての、スカイラインの代名詞、

直列6気筒、◎テールランプ、GTRと共とした進化、スタイリング の

すべてを一新し、

新世紀の進化したスカイラインが 誕生したのです。

そう、あの亡霊を振り払おうとしたのです。

さらに、このクーペの誕生。。。

画像

北米では大人気と なりましたが、

日本では、あの亡霊が いまだに存在するため、

スカイラインとしての人気は

意見の分かれるところと なってしまいました。


***


<進化し続ける名車、その名は・・・スカイライン>

「スカイラインはもう死んだ」

「V35以降はスカイラインじゃない」 

なんて、言う人達がいます。

まあ、思うのは 人それぞれ、勝手なので、

それでいいです。

でも、私に言わせれば、

そう考えるのは、

あの亡霊に

いまだに取り付かれているのでしょう。。。 ゴメーンね。。

亡霊に取り付かれたままじゃ、

いつか亡霊につぶされ、

迷車シルビアと同じ運命に なっちゃいますよ。。。

そういう意味で、

R34からV35へ と 進化したのは、

スカイラインという名車だから できたのです。

迷車シルビアとは 違い、

あの亡霊を 振り払ったのです。

そのおかげで、名車スカイラインは、進化を続け、

今では 更なる名車 12代目V36 へと

進化できていると 思えるのです。

更に今後も、スカイラインは進化を続けるでしょう。

新たな亡霊が生まれるまでは。。。ねッ。


***


<名社日産へのお願い>

最後に、日産へ一言。。。

スカイライン、いい車ですね、、、

特にクーペは最高。。。 あれ?冷たい視線・・・

でもね、、、

チト、高価すぎです。

もちろん、あの名車 Z も。。。

アレじゃ、いまの若者は 買えませんぜ。。。

若者のスポーツカー離れを 何とかするためにも、

もっと、安いスペシャリティを・・・

かつての、200万もあれば、

新車のシルビアが 買えていた時代が

懐かしいぜ!!!


***


おっと、、、

てきとーな メイシャ物語を 書いていたら、

こんな時間になってしまった。。。

それに多分、俺の最長ブログだな。

ま、いっか、明日も休み、

名車スカイラインで GTだ!!

ガハハ・・・




***** この記事へのトラックバック ( 6th以降 )*****
(注)5th以前のTBは、コメントの下に記載されています。







"S13の亡霊につぶされたシルビア/R32の亡霊を振り払ったスカイライン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント